オスラー病の末梢血管拡張によると出血 口腔内出血#1

大阪在住の患者さんとミーティングしました。

半年前から歯茎からの出血で非常にお困りで、口腔外科医師もHHT JAPAN専門医と連絡とりながら治療方を考えて頂いています。

他の口腔出血としては舌からの出血する方もおり止血には圧迫止血が基本で非常に辛く完全に止めるには拡張血管の切除しかありません。

舌出血については圧迫止血しかないのが現実です。

患者会メンバーで同じような症状ある方で情報交換可能な方は連絡ください。

互いの連絡先をお知らせします。

この季節は繰り返す鼻血など出血でQOLの低下が激しいですがボチボチ行きましょう!

オスラー病の末梢血管拡張によると出血 口腔内出血#1」への2件のフィードバック

  1. 歯茎からの出血とは、どの様な症状ですか。私も歯茎の1カ所から時々出血します。傷になっていて、歯ブラシが少しでも当たると出血します。
    ティッシュで押さえれば、数分で止まります。
    これがオスラー病での出血なのか、歯茎の傷が完治しなくて弱いだけなのかはわかりません。
    大阪の方は、どの様な時に出血するのですか、参考に教えて頂けませんか。
    唇、舌にもオスラー病の症状があるので、気になります。

  2. ご質問の件ですが、歯茎からの出血につきましても、繰り返す鼻血と同様に、外的な刺激無しでも繰り返し出血するとの事です。
    かかりつけの口腔外科では、圧迫止血していたようですが、出血が継続するため末梢血管拡張している部分を切除されたそうです。
    その後は落ち着いたようですが、時間経過と共に血管拡張は再発するとの事です。

    舌や口腔についても症状は同様です。

    舌の出血についてはHHT JAPANの専門医からも基本的に圧迫止血との回答が有りました。

    ポイントはオスラー病を理解してくれる医師に治療してもらうのがベターです。
    かかりつけ医から各科の医師を紹介してもらうのも一つです。
    患者会 村上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください