オスラー病「遺伝性出血性末梢血管拡張症」の主な症状は、くり返す鼻血が患者の90%以上にあり、脳、口腔、消化管、肺、肝臓など全身の末梢血管からの出血や血管奇形からの様々な症状(脳梗塞・脳膿瘍・敗血症)の可能性もあり、いきなり症状が現れることがあるため、早期にスクリーニング検査をされるよう推奨しています。
誤った診断や治療されることもあるため、患者自身でも患者会に参加して情報交換や情報収集を行うことが重要です。
HHT2型の肝臓血管奇形ある方は肝性の肺高血圧症を発症することもあるので注意が必要です。

今回の日本HHT研究会・大会会長の杉浦寿彦先生は「肺高血圧症」について大変詳しい医師です。

開催日

令和6年6月22日(土曜) 10:00~16:00予定
日本HHT研究会(HHTJAPAN)と合同開催

開催場所

千葉大学医学部附属病院
〒260-8677 千葉県千葉市中央区亥鼻1-8-1

開催内容

参加費: ●患者会会員とその家族 500円  ●一般:1500円(資料代含む)

参加申込方法:下記の「参加申込フォーム」よりお申し込みください

参加人数:35名

問い合わせ先 問い合わせフォーム 又は 050-3395-3927

プログラム(仮)

10:00~10:30 開演:役員挨拶・患者会の現状~今後
10:30~11:00 自己紹介
11:00~12:00 勉強会とグループ分け
12:00~13:00 昼食
13:00~15:00 ミーティング・情報交換・HHTJAPAN医師による講演とディスカッション
15:00~15:45 質疑応答

参加申込フォーム

基本以下のフォームから申し込みください。
なお、ネット環境など無い方は TEL:050-3395-3927 FAX:050-3737-5059に以下ファオームを参考にご連絡ください。

    このフォームはスパムを低減するために Akismet を使っています。 データの処理方法の詳細はこちらをご覧ください。

    Follow me!